アコムの在籍確認はどんなこと聞かれる? 会社に電話連絡ある?

MENU

アコムの在籍確認はどんなこと聞かれる? 会社に電話連絡ある?

 

カードローンを利用する際に避けては通れないのが在籍確認です。貸す側も、どのような仕事をしていて返済能力がきちんとあるかどうかをチェックしなければ契約を結ぶことはできませんので、提出する書類には必ず正しい勤め先を書かなければなりません。

 

嘘の入力をして変に取り繕おうとするとかえって信頼を損ねることになりますので、まずは真実をしっかりと伝えることが大切です。所属している会社を記載すれば、そこに在籍確認の連絡が入りますので、その際の対処法を個々のケースで考えていく必要があります。

 

アコムを利用する場合、申し込む際にはその人に関わる個人情報のうち住所や氏名や生年月日を入力する必要があります。そこに勤務先を情報する欄もあり、会社名だけでなく住所や電話番号、所属部署などを入力しなければなりません。それらの情報を元に、アコムは本当にその会社に在籍しているのかを確認するために電話をかけます。

 

勤務先に電話がかかってくると仕事に支障をきたすという人もいるかもしれませんが、在籍確認は必須ですので避けることはできません。よく在籍確認を何とかして避けることはできないかと調べる人もいますが、在籍確認の電話自体は決して問題を引き起こすようなものではありませんので、どのような電話がかかってきて、どのような対応をすべきなのかを覚えておくと便利です。

 

在籍確認を考える時、もっとも気になるのがアコムと取引をしていることを知られてしまう恐れがあるのかという点です。アコムでは利用する人のプライバシーにしっかりと配
慮をしていますので、会社名を明かすようなことはありません。会社名ではなく、担当者の個人名でかけてきますので、電話を受けた人はその人と個人的な付き合いのある人からの連絡だと考えるはずです。もちろん用件を明かすようなことも絶対にありませんので、カードローンを利用していることを知られる心配はありません。

 

在籍確認の際に自分が出られないケースも多いですが、他の人が出ても問題はありません。他の人が出て、その人が「外出中」とか「席を外している」といってくれれば
在籍をしていることは確認されますので、それで在籍確認はOKとなります。たったこれだけのことですので、あまり難しく考える必要はありません。

 

アコムで行われている審査の手順ですが、申し込みを行うとその人の個人情報や信用情報の確認が最初に行われます。次に携帯電話や自宅に本人確認の電話が
入り、その後に勤務先への在籍確認が入ります。つまり、在籍確認が行われるのは審査の中でも終わりの頃であり、あらかじめ申し込みをした人に電話が入ることを伝えて許可を得てから電話をするようになっています。ですから、いきなり勤務先に連絡が入るようなことはありませんので、その点は安心です。

 

入力する電話番号ですが、複数ある場合には代表の番号を伝えます。派遣社員として勤めている人は、派遣元と派遣先の両方を入力しておくようにします。

 

 

アコムの審査基準 審査前に知っておきたいこと

 

アコムの審査基準では、一番重要なのは年収となるようです。総量規制がかかるので、年収が一定以上でないと、希望額を借りることはできません。例えば、100万円を借りたいならば、最低でも年収が300万円あることが条件です。しかし、年収が300万円の人は、それほど生活に余裕はないはずなので、限度額30万円〜40万円くらいになる可能性が高いでしょう。

 

年収が高い人ほど有利であり、年収が900万円あって大企業に務めている人ならば、総量規制の限界である300万円くらいを借りられる可能性があります。しかし、新規で契約をしていきなり300万円を借りるということは難しいでしょう。アコムでの利用実績を積んでいって、信用を得る必要があります。

 

審査前に知っておくべきなのは、クレジットカードのキャッシング枠も影響するということです。クレジットカードを5枚くらい持っているという人も多いと思いますが、そのうち3枚にキャッシング枠がついていて、合計で100万円になるという場合には、すでに100万円の借金があるのと同じです。アコムの審査に申し込みをする前に、キャッシング枠をゼロにしておくと、好条件で借りられる可能性が上がります。

 

同じ年収であっても、契約社員の人と、正社員の人は差が出るようです。例えば、自動車工場の期間工で働いている人などは、年収が420万円くらいあるという人も多いです。しかし、正社員で働いていて、年収が350万円の人のほうが、審査で有利になることもあります。契約社員の人は、契約期間が終わると失業をしてしまうかもしれないからです。同じ理由で、派遣社員の人なども、やや不利になってしまうでしょう。

 

アコムでは、個人信用情報はそれほど重視されないという意見があります。延滞が1回や2回あるくらいなら、それほど審査に影響はないようです。過去に延滞をしているために、銀行カードローンの審査に通らなかったような人でも、アコムなら借りられる可能性があります。しかし、4回、5回と何度も延滞を繰り返していると、さすがに難しくなるかもしれません。

 

ブラックリストにのっている人は、大手のアコムで借りることは難しいでしょう。昔はブラックリストにのっていても、消費者金融なら10万円くらいは借りられたようですが、現在ではかなり基準が厳しくなっているので、断られる可能性のほうが高いようです。

 

しかし、トータルで信用ができると判断されたなら、借りられる可能性もあります。例えば、自己破産をしてから4年が経過しており、現在の年収は500万円、勤続年数10年、大企業の正社員として働いているといったように、トータルでの属性が良い場合には、審査に通る可能性もあります。

 

住宅ローンを借りている人は、不利になるという意見がありますが、実はむしろ有利になることもあります。家賃10万円の賃貸マンションに住んでいる人と、住宅ローンの月額返済額が10万円の人では、マイホームを持っている分、後者のほうが有利になる傾向があります。

 

 

 

アコムは無利息で借りれる?カードローン初めてで不安な方に

 

アコムの金利は一般的な大手消費者金融レベルですが、お得な特典として30日間の無利息が用意されています。30日以内に返済できる人なら、アコムは非常にお得と言えるでしょう。

 

返済に1年以上かかるような長期借り入れをするなら低金利の銀行ローンがおすすめですが、ちょっと借りてすぐに返すならアコムが役立ちます。そもそもカードローンとは長期返済用のローンではなく、短期の借り入れに限定して利用するものです。借りてすぐに返すのが本来の使い方と言えます。

 

カードローンで10万円以上を借りるという機会は、実際には非常に少ないと言えます。大抵は1回に3万円以内の借り入れになることが多いので、借り入れの限度枠はそれほど多くは必要ないでしょう。10万円もあれば不自由しないことが多く、20万円あれば問題ないと言えます。

 

カードローンは非常に便利で、借金だと忘れてしまう方もいますから、計画的に返済できる範囲で申し込みしましょう。

 

お金はある日突然に必要になるもので、特に若いころは貯金に余裕がないことが多いので現金を用意できない場合が多いでしょう。一人暮らしを始めたら金欠になったというケースはよくあり、予想外にお金がかかることに驚く人は少なくありません。生活費が足りなくてカードローンを利用する方は多く、生活費の借り入れと言っても内訳は幅広くなっています。

 

食費・光熱費だけでなく趣味・交際費なども生活費の一部となります。社会人になると付き合いが増えてくるので、思いのほかお金がかかるようになるでしょう。貯金が底をついてしまったときにカードローンがあると非常に助かります。

 

無利息で借りられるアコムはカードローンの入門としておすすめで、35日ごとの返済プランも用意しています。一般的な約定返済よりも4〜7日も長くなっているので、かなりゆとりを持って返済することができるでしょう。たった数日の差と思うかもしれませんが、約定返済と比較すると思いのほかゆとりを感じられます。

 

30日間は利息ゼロなので元金を返済すれば完済できるのです。融資は800万円まで可能ですが、実際の融資額は個別に設定されます。年収の3分の1以内で設定されますが、初回はそれほど多くは借り入れできません。限度額は信用力に比例して増えていく仕組みであり、初回の契約においては借りられる金額は少なくなります。ローンの使い勝手を覚えるなら、無利息期間中に覚えてしまいましょう。

 

アコムの利率は3.0%〜18.0%となっており、無利息終了後も18.0%以内で借りることができます。18.0%という金利は大手消費者金融として普通ですが、利息制限法の上限である20.0%よりは低いです。そのため中小規模の消費者金融から借りるよりお得になると考えてよいでしょう。

 

返済はインターネット返済に対応しており、24時間いつでも手数料無料で返済することができます。家族や知人にローンの利用がばれたくないという方にもおすすめです。

 

 

アコムの審査口コミ 借り入れ体験談情報

 

大体3年くらい前の話になるのですが、アコムのカードローンでお金を借りたことがあります。借りた金額は30万円で、どうしても欲しいバイクの購入費用の一部に当てました。

 

アコムだけでなく消費者金融業者からの借り入れがまったく始めての経験だったので、最初は本当にその日の内にお金が借りられるのか、20代で貰っている給料が低くても高額の融資が受けられるのかと非常に不安でした。今でもそうなのですが、当時も月給が30万円を下回っていたので希望する満額の借り入れが叶わないのではないかとかなり心配で、インターネット上の口コミサイトなどで借り入れ上限額に関する記事や書き込みを何度も確認したことを覚えています。

 

でも実際にATMからカードを利用してお金の借り入れ申請を出したところ、あっさりと希望通りの30万円が引き出せたので拍子抜けでした。もしもお金が足りなくなった場合に備えて一応作っておいたカードでの借り入れだったので、プロフィール入力などをする必要がなかったというのがスムーズに借り入れに繋がったのではないかと今では考えています。

 

初めてのカードローン利用だったのでATMの操作に若干戸惑いましたが、それでも借り入れ申請からお金が出てくるまで10分もかかりませんでした。こんなに簡単に大金が借りられるのかと少し恐怖心を抱いたほどです。しっかりと自制心を持って身の丈に合ったローン契約をしなければ、利子がどんどん膨らんでいきそうだと感じたからです。そのときはバイクを買うという明確な目的があったのでカードローンによるキャッシングを行ったことへの後悔はありませんでしたし、むしろカードローンを使わなければ希少なバイクが他の人の手に渡っていたかもしれないので正しい選択だと自負していますが、これからはより計画的にカードローンを使っていきたいです。

 

実際にアコムのお世話になる形で借り入れ審査を受けた身として言えるのは、他の消費者金融業者やカードローン事業者のことは分かりませんが少なくともアコムは借り入れ審査をとてもスピーディーに終えてくれるため便利だということです。ちなみに利用したATMはアコムの貸し出し専用機器ではなく、銀行口座からのお金の引き出しも出来るようなコンビニにある極一般的なものでしたが、それでも審査はかなり早く終わりました。利便性はかなりいいと言えますし、趣味に使うお金だけでなく生活費の補填にも利用できるといった点は収入の少ない一般庶民からすると有難いとも言えるでしょう。

 

つい最近転職をしてしまった影響もあり、半年くらい前に比べて更に収入が下がっていますので、もしもお金に困るような出来事がまた発生した際には返済に無理のない範囲でアコムのカードローンやキャッシングサービスに頼らせてもらうつもりです。低収入でもすぐにお金が引き出せるという容易さを一度体験してしまうと、もう他の会社には乗り換えられないからです。

 

 

アコムでお金の借り換えは可能?ほか消費者金融で借りているケース

 

アコムと言えばカードローンで有名ですが、貸金業法に基づく借換え専用ローンも用意しているのです。アコムは消費者金融なのでカードローンは総量規制の対象になりますが、借り換え専用ローンに関しては対象外です。借り換えという目的に特化しているため、生活費などに使用するカードローンとは別物とみなされています。

 

アコムで借り換えを考えている方の多くは、消費者金融からの乗り換えを希望しています。実質年率は7.7%〜18.0%となっており特別低いわけではありませんが、他社ローンと金利が同じなら一本化できるメリットは大きいでしょう。一本化と聞くと3〜5社以上から借り入れしている方が対象になると思われていますが、2件でもまったく問題ありません。カードローンの借入先は常に1件にしておくのが好ましいので、複数から借りている方は早めにまとめたほうがよいわけです。

 

貸付額は1万円〜300万円に対応しているので、多額の借り入れをしている方でも大丈夫でしょう。消費者金融のカードローンで300万円を借りるためには、年収は最低900万円必要になってきます。世間一般的な収入レベルの方だと複数社の合計で200万円も借り入れできれば相当に多いほうです。300万円まで対応している借り換えローンなら、複数社からの借り入れもすっきりと一本化できます。

 

借り換えローンのメリットには、借り換えにしか利用できないこともあります。用途不問のカードローンで借り換えするとなると、借り換え資金を浪費に回してしまう方もいるでしょう。用途を制限されないローンは魅力的ですが、だからこそ使いすぎに陥りやすいという欠点もあります。1万円だけ使ってあとは借り換えに使おうと思っても、また1万円というように何度も使ってしまい、手持ちがなくなってしまったという方もいます。借り換えローンならこうした心配はないので、浪費癖のある方にこそおすすめでしょう。

 

アコムの借り換えローンは20歳以上で安定した収入がある方が対象となり、担保・保証人は必要ありません。返済は元利均等返済方式によって月に1回のペースで行っていきます。街金から借りていた方だと、18.0%超を超えていることが少なくないはずです。20.0%で借りている方なら、アコムに乗り換えることで2.0%も金利を減らすことができます。18.0%で借りている方であっても、借入先が複数あるならまとめる必要性は大きいです。ローンは2社以上から借りてしまうと、すでに多重債務になっているのです。

 

借り換えローンで一本化すると瞬時に多重債務から解放されます。借金の返済を延滞してしまう方は、多重債務になっていることが多いのです。消費者金融3社以上から借り入れしている方もおり、毎月の返済に頭を悩ませていることでしょう。借入先が多いと返済日が月に何度もやってくるので精神的にも辛いものです。アコムの貸金業法に基づく借換え専用ローンで借り換えして楽になりましょう。