エクイティファイナンスで経営支援可能? 返済必要ない株主資本!ビジネスでの資金調達の秘訣

MENU

エクイティファイナンスで経営支援可能? 返済必要ない株主資本!ビジネスでの資金調達の秘訣

 

企業経営の安定化であったり、事業を発展、拡大させたい場合は、資金調達を行って準備を進める必要があります。

 

資金調達といえば、借入れで融資を受けるのが一般的ですが、利息の発生と返済義務を生じさせるのは欠点です。

 

しかし、借入れと異なる経営支援なら、返済義務を負わずに資金の獲得を実現することが出来ます。

 

エクイティファイナンスは、株式を発行する形の資金調達方法で、株式企業が使える切り札ともいえます。

 

特徴としてはまず、新株を市場価格に合わせて発行したり、株主割当増資や第三者割当を活用して資金調達を目指す点が挙げられます。

 

また、これによって負債が発生しませんから、経営リスクを増加させたり、企業イメージのダウンを懸念する必要がありません。

 

エクイティファイナンスは企業の負担が軽く、無理のない経営支援が実現する方法だと考えられています。

 

この方法は資本を増加させる性質がありますから、企業にとって大きな成長力となり得ます。

 

一方で浮上する懸念事項は、既存の発行株の価値を薄めてしまったり、調達した資金の使い方に厳しい注目がされることです。

 

株式の価値低下は、株主が損をする可能性に繋がりますから、資金調達時は株価の上昇に結び付く、そういった魅力を用意することが不可欠です。

 

具体的には、今後の増資や投資計画を立て、将来への道筋を明らかにしてから、株主に対する説明責任を果たすことが求められるでしょう。

 

株主からの賛同が得られれば、エクイティファイナンスが成功する確率が上昇したり、企業に嬉しい経営支援が実現しやすくなります。

 

市場がこの資金調達の選択を前向きに評価した場合は、評価と連動して株価が上がりますから、事業計画に弾みが付くはずです。

 

勿論、計画に現実味がないと判断されたり、後ろ向きな評価が下された時は、反対に株価が下がる結果に至ります。

 

ですから、資金調達の際は返済義務が発生しないメリットだけでなく、選択を行うことで高まるリスクにも目を向けることが肝心です。

 

大切なのは、資金調達の理由に説得力を持たせること、そして株主を納得させる二点にあるといえるでしょう。

 

前者は現実味のある経営判断から達成出来ますし、事業計画に無理や綻びがなければ、失敗する恐れはまずありません。

 

逆に、失敗する要因として懸念されるのは、見通しの立たない事業計画、それに伴う資金調達だと結論付けられます。

 

エクイティファイナンスを提案した時点で、株主からは経営計画の精査が行われたり、資金調達の妥当性が検証されますから、不備のないように経営支援の実現を目
指すことが必要です。

 

これは後者にも通じる重要なポイントですから、負債が発生する方法よりもメリットが上回るか、十分に検討してから選択することが大切です。

 

この資金調達が役立つ場面には、株主資本による企業の強化、あるいは発展が欠かせない時と、

 

中期を表すミディアムターム的に利益が望めるケースがあてはまります。

 

どちらも本当の話で現実味があるとしたら、株主には美味しい話ですから、新株発行に納得したり賛同してくれるでしょう。

 

もし、資金調達の目的がいずれの場面にもあてはまらない場合は、計画が成功する可能性は低くなると懸念されます。

 

エクイティファイナンスは負債を発生させませんが、

 

リスクが生じないわけではないので、目には見えない経営者の責任の増加、加えて結果を残し株主を満足させる必要性が高まります。

 

返済義務に見られる直接的な責任は発生しないものの、経営支援を求める以上、その希望に見合うリターンを達成する責任は求められます。

 

返済不要な株主資本の増加は、企業が行う資金調達の秘訣で、場合によってはリスクよりもメリットが大きく現れます。

 

エクイティファイナンスの選択はまさに、この経営支援が実現する可能性を上昇させたり、事業計画が前進しやすくなるということです。

 

現実的な事業計画は、企業の方向性や見通しが立つことと同時に、株主を安心させる効果にも変わります。

 

これは両者にとってウィンウィンですし、お互いにそれぞれメリットとなりますから、株式発行による資金調達も夢ではなくなります。

 

事業に必要な資金の調達が出来て、しかも返済の義務が生じないものなら、企業は事業計画の推進に足枷がないのも同然です。

 

負債の増加や利息を気にせず資金調達が行なえますから、財務状況に不穏な影を落とさない点もまた、企業の嬉しい朗報となるでしょう。

 

借入金融とは性質が違いますし、状況に応じて使い分けることが可能ですから、二者を比較しながら理解を深め、より良い方を選択することが理想的です。

 

株主の説得は、資金調達を目指す上で一番のハードルとなりますが、負債を増やしたくない時はこの方法が現実的で、実現性が高まる選択肢だと考えられます。

 

何度も頻繁に使える方法ではありませんが、資金調達の有力な手段の一つとして、手札に加えるのを検討するだけの価値があります。