エポスカードの在籍確認は勤務先連絡ある?

MENU

エポスカードの在籍確認は勤務先連絡ある?

 

 

エポスカードはに申込む時に気になるのが在籍確認があるかどうか、勤務先に連絡されるかどうかだと思います。

 

家族や会社にクレジットカードを申し込む事をバレたくないという方にとっては重要な事になります。

 

申し込む方によってはわざわざ在籍確認をしないクレジットカードを選択する方も少なからずいます。

 

しかし、多くの場合は在籍確認は審査に大きく影響を与えるものになりますので、在籍確認は必要な事と認識しておかなければなりません。

 

 

 

エポスカードはさまざまなクレジットカード会社があるなかで審査は甘い方だと言われています。

 

その理由として挙げられるのが信用情報機関に問い合わせて優良な方の場合だと在籍確認を行わない事があるからです。

 

優良で信用できる方でも在籍確認は一応行なっている会社もあるのですが、エポスカードは申込者の利用状況が問題なければわざわざ勤務先に連絡をする可能性があまり高くありません。

 

絶対にないとは言い切れませんが、信用できる顧客に対してはそこまで在籍確認を重要視していません。

 

 

 

その他のクレジットカードを利用している等すれば信用情報機関は、そのデータを把握していますので問い合わせた時点で申込者の情報がハッキリと分かります。

 

そこで無茶な利用の仕方をしていなかったり、きちんと返済できていたりと利用状況が明らかに良い場合は優良顧客になりますので、わざわざ連絡をしてきません。

 

それでも在籍確認をする場合はありますが、これは信用が足りない、経済状況が悪いと思われているというものではなく、全くしないという訳ではなく無作為に選んで連絡をする事はあります。

 

どのような基準で信用があるかどうか、連絡をするかどうかは内部の者しか分かりませんので在籍確認はある可能性があると思っていた方が良いでしょう。

 

今の時代だとわざわざ在籍確認をしなくても属性情報を調べたり、信用情報機関から気軽にデータを求められるので在籍確認に重きをおく必要がないかもしれませんが、セキュリティやリスクの問題もありますので必要な事になります。

 

また大手のクレジットカード会社のなかには在籍確認や過去の履歴を重要視せずに現在の資産状況のみで審査をするといった事もあります。

 

一見この方法は分かりやすいと感じますが、それだけ審査基準が高い証拠とも言えまして、在籍確認をしないとなると過去の履歴や信用情報よりも現在の状況が重視されてハードルが高くなってしまいます。

 

エポスカードは在籍確認をしない時もありますが、きっちりと信用情報機関に問い合わせて申込者が信用できるかどうかを把握した上なので安心できます。

 

もし初めてクレジットカードを利用する場合でしたら過去の履歴がない状態になりますので在籍確認はあると考えておいた方が良いでしょう。

 

勤務先に連絡があったとしてもクレジットカード会社からの連絡だとバレないように配慮してもらう事が可能となっていますので、それほど怖がる必要はありません。

 

 

エポスカードの審査基準 どうしても審査落ちしたくない

 

エポスカードの審査基準はどうなっているのかというと、カードの申し込み資格は、高校生を除いた18歳以上で、アルバイトやパート、専業主婦でも申し込みは可能で、未成年者は親権者の同意が必要となっているので、大学生や専業主婦でも申し込みが出来ます。職業制限は特になく、職業の審査難易度は割合と低く設定されています。その為中小企業で働いている人や自営業の人、派遣社員や契約社員、フリーターでも申し込む事が可能です。

 

 また、年収の記載も特にされていないので、無職やフリーター、大学生であっても審査を通る可能性があります。何故なら例えば大学生にカードを発行すれば数年後に就職をして、そのままカードを使ってくれるからです。そして仮に返済が出来なくなったとしても親にお金を借りる事も出来る為、カード会社としてはリスクはそれ程大きくありません。むしろカード会社としては、出来るだけ若い人にカードを発行して、長い期間使ってもらう事を期待しています。専業主婦の場合も同じで、夫に返済能力があるので審査は通る可能性があります。

 

 エポスカードの審査では、一般的なクレジットカードの審査と同じように親と同居をしていて、さらに実家住まいだと審査に有利で、一人暮らしをしていると不利になる傾向があります。その理由は実家暮らしの場合、返済できなくなったからといって逃げられる事も出来ませんが、一人暮らしの場合は、いなくなってしまいお金の回収が出来なくなる恐れがあるからです。

 

また、家に関しても賃貸物件よりも持ち家のほうが審査には有利に働きます。これも理由は同じでいざという時に逃げられる心配が少ないからです。

 

 エポスカードには信用情報の審査ももちろんあります。この審査では、過去にカード料金返済の延滞や滞納がないか等がチェックされます。過去5年以内に滞納などがあった人は審査に通りにくいので注意が必要です。しかし逆にそういったものが全く内場合は、信用力は増して審査に通りやすくなります。

 

 エポスカードの審査に通りやすい年齢は20代です。20代で初めてクレジットカードを作る人は割合審査が通りやすいですが、その反面30代以降で初めて審査を申し込むと厳しくなってしまう傾向があります。その理由は若い人は始めてなのは当然ですが、30代以降だと逆に信用されるのが難しくなってしまうからです。

 

 他にもエポスカード審査で通りにくいのは、複数のクレジットカードを同時期に申し込んでいると、多重申し込みで審査に落ちてしまう場合があるので注意が必要です。
 エポスカードではカード審査の時に在籍確認があります。在籍確認とは書類に記された職場でちゃんと働いているかを調べるものです。電話がかかってきた際に、その電話に出なかったりすると審査で落ちてしまう可能性があるのでこれも注意が必要です。この在籍確認は、未成年の場合でも親に確認の電話が入るので、カードを申し込む場合は親にきちんと了承をとっておく事が大切です。

 

 

エポスカードは主婦、学生でも借りれる?

 

エポスカードは、マルイで主に発行を行なっているクレジットカードです。定期的に行われているマルイのキャンペーン期間には10パーセントオフの特典を受けることが出来ます。

 

クレジットカードで決済をすると、請求があるときに10パーセントオフの金額で請求されるという仕組みです。また、マルイの店舗だけでなく他にも提携している店舗がたくさんあるのでそこでも特典が受けられます。

 

さらに、エポスカード入会のメリットとしては海外旅行へ行く際の保険に無料で加入できる、ということが挙げられます。

 

クレジットカードに入会した特典として、海外旅行の際の保険がついてくるというのはたまにありますが完全に無料というのがエポスカードの特徴です。

 

このような保険は加入するだけで数千円するので、それらだけで元が取れます。また、作るだけで2000円分のお買い物券がもらえるキャンペーンもよく行なっており、あまりクレジットカードを使わない人でも特典が受けられるのが嬉しいポイントです。

 

このエポスカードは通常のクレジットカードと同じような特典が受けられますが、審査はそこまで厳しくはありません。もちろん安定した収入は必要ではあるものの、主婦や学生でもきちんと条件をクリアしていれば加入が可能です。例えば主婦の場合だと、夫がある程度の収入があれば問題なく加入が可能です。

 

また、自分自身に扶養範囲を超えた収入があれば夫の収入がそこまで高くなくてもつくることが出来ます。

 

学生の場合は、主に親の収入が審査の対象となります。やはり学生だとアルバイト程度の収入しかないので通常クレジットカードをつくるのはなかなか難しいですが、次年度に就職が決まっていて内定をもらっている場合は自分自身の想定収入を記載すればつくることが可能です。

 

この場合、まだ入社していない状態なので電話での確認などはありません。

 

最近はどこのクレジットカード会社も、新社会人の取り込みに必死になっています。やはり初めてカードをつくるというユーザーは貴重で、その後長年にわたって使ってくれることが予想されるので内定をもらっている学生はまさにターゲットになっています。もちろんエポスカードもそのようなターゲットを定めている会社の1つでマルイは20代のユーザーも多いことからそこまで審査は厳しいものではありません。

 

やはり借り入れがあったり、何かしらのマイナスポイントがあると主婦や学生では加入が難しいですが、特にそういったものもなければ簡単につくることは可能です。エポスカードは作った際のメリットがとても多いため、2枚目、3枚目のクレジットカードとして使っている人もたくさんいます。

 

もちろんこれ1枚をいつも使うのもいいのですが、マルイのセールの時だけ使ったり、お得に使えるように使い分けをするのがおすすめです。

 

一度発行すれば、その後に使えなくなることはほとんどないのでお買い物におすすめのカードです。

 

 

エポスカードの審査口コミ 申し込み前に知っておきたい

 

 

エポスカードでお金の借り換えは可能?