クレジットカード支払いできない!カードローンが手助けとなるタイミング

MENU

クレジットカード支払いできない!カードローンが手助けとなるタイミング

 

クレジットカードの支払をリボ払いにしている場合などでは、毎月一定額の支払いをしなければなりません。

 

そのとき、支払の仕方によって、銀行口座から引き落としになる場合もあれば、振込用紙が送られてくる場合もあるでしょう。ただ、いずれの場合もお金がなければ支払が滞ってしまいます。

 

支払が滞れば、督促なども行われるようになるでしょう。さらに差押えなどの話になりかねません。

 

したがって、支払は確実に行う必要が生じます。

 

そんなときに支払に窮した場合、それでも少し時間があれば収入の見込みがある場合については、

 

カードローンによる支払いで急場をしのぐことで、多少なりとも持たせることも可能となってきます。

 

 

カードローンの中には、借りたお金を一定期間内たとえば一週間以内などの間に返済出来れば、その間の利息をとらないとするようなところも存在しています。

 

したがって、カードローンを上手く使えば、クレジットカードの支払に窮することはなくなるわけです。

 

しかも利息の支払を抑えるようにすることや支払うにしても低金額で済ませられることにつながっていきます。

 

上手く利用していくことで、クレジットカードの支払などで困ることはなくなるわけです。

 

 

ただし、カードローンはあくまで借金ですから、こちらも借りたり利用すれば、返済の義務は生じます。そのとき、返済に困るようでは意味がありません。

 

できる限り、返済に困らないように計画的に利用を行うように努めることが非常に大切です。

 

 

借りたら返すのは基本ですが、返しきれない場合には最悪の場合は債務整理の話にもなってきます。

 

特に借金を借金で返済する場合には自転車操業になりますので、計画的な返済が非常に重要であることは言うまでもありません。

 

カードローンでクレジットカードの支払に充てるのはあくまで一時的であると割り切るぐらい出ないと、徐々に返済に窮していくことになることは明白です。

 

その他の注意点としては、銀行系の金融機関でない限りは、総量規制に対象になっていきます。

 

これは銀行系を除く全ての借入について適用になりますので、借入限度額の3分の1を超えた段階で新たな借入は出来なくなります。

 

その前になるべく借金を返済していくことが非常に大切になるわけです。返済が行き詰まる場合は、債務整理を考えなければなりません。

 

督促などを受けるようになると利息計算が進んで返済額もかさみ、結果として大きな借金になってしまいます。