MENU

ヤミ金必ず借りれる?自己破産でブラックリストキャッシング

 

ヤミ金とは、その名の通りヤミの金貸し業者のことで、

 

一般の消費者金融会社や銀行のように当局から認可されている業者とは全く異なります。

 

従って、貸出金利についても法定金利を順守するようなこともなく暴利であることがほとんどです。

 

このようなことから、通常ヤミ金を利用することはまずありえません。

 

よく広告などで、在籍確認なし、審査なし、100%融資しますなどと謳っていますが、

 

当然のことながら裏があるわけです。

 

従って、ヤミ金を利用しようと考えるのは、

 

他の消費者金融キャッシングや銀行カードローンをつくることができない人で、

 

かつどうしてもお金が必要であるという人となります。

 

例えば、自己破産などの債務整理後にお金に困り、

 

それにもかかわらずどうしてもお金が必要になった人などです。

 

つまり、よほどの理由がない限りは利用を考えることはありません。

 

よく、自己破産や個人再生などで官報に掲載されたのちに、

 

大量のDMが送られてくるという話を聞きますが、

 

これは自己破産者などが狙われているというを証明しています。

 

官報に掲載されている人、つまりは他社では借りることができない人を狙っているのです。

 

従って、申込みをした場合には必ずお金を借りることができます。

 

何故なら、最初から返済を期待してないからです。

 

元々、返せそうにない人たちに貸すわけだから当然でしょう。

 

彼らのビジネスモデルは、融資したお金の金利による収益を上げることではありません。

 

他社では借りられない人たちに貸すわけですから、

 

まっとうなやり方ではビジネスが成り立つはずはないのです。

 

それでは、ヤミ金の本当の狙いとはどこにあるのでしょうか。

 

簡単に言うと、困りに困って申込んできたカモ客を徹底的に追い込むことです。

 

例えば、勤務先に押しかけたり、家族親族のところに押しかけたりすることで、勤務先にいられなくなったり、

 

家族親族から見捨てられるような状況に追い込んでいきます。

 

もうそれこそ自殺するしかないというほどに追い込んでいきます。

 

ここまでやったうえで客に誘いをかけます。死んだ気になって働いてみないかと。

 

ヤミ金が申込者には必ずお金を貸す目的はここにあります。

 

徹底的に孤独な世界まで追い込み、死んだ気になって仕事をさせるのです。

 

死んだ気になって働こうとしている客に違法行為をさせるのです。

 

以前ですと、男性の場合にはマグロ船、女性の場合ですと風俗関係で仕事をさせられることが多くありました。

 

もちろん、そこからあがるお金をピンハネすることが目的です。

 

しかしながら、最近ではさらに悪質な行為が横行するようになっています。

 

例えば、名義貸しなどの行為です。

 

債務整理をしていたところで、通常の暴力団員とは異なり名前な綺麗なままですので

 

違法行為に利用されるようになります。

 

さらに、次には違法行為に手を染めさせられるようになります。

 

こうして、徹底的に利用されつくすことになります。

 

わずかなお金のためにここまで利用されてしまうわけです。

 

通常、借りられるはずがないのに貸してくれる。

 

その裏には、このような強力かつ悪質な罠が待ち受けています。

 

一度足を踏み入れたら最後、出るのが相当難しい世界です。

 

常識をもって、このようなところは利用しないという強い意志を持つことが大切ですが、

 

本当に困っている場合には藁にもすがりたくなります。

 

しかし、万が一にも悪徳なヤミ金を利用してしまった場合には、一刻も早く誰かに相談することです。

 

一人で悩むことが一番よくありません。

 

専門家である弁護士などに相談すれば適切な解決方法を教えてくれることも多くあります。

 

利用しないのが一番ですが、万が一の場合にはなるべく早く専門家などに相談することです。

 

 

まずはお金を借りる前に、下記日本賃金業協会にて、金融機関名を検索してみてください。

 

→ 日本賃金業協会

 

協会に入っていない業者はヤミ金と言っていいでしょう。

 

また、同じ名前で登録している闇金業者もいるので注意してください。

 

 

年金受給者はお金借りれる?お金借りる審査に通るか不安 カードローンを作る

 

年金受給者でもお金に困ったときにカードローンを使うことはできますが、一般的な所得者と比べると制限があることは知っておかなければなりません。

 

まず、契約するための条件として安定した収入が求められていますが、これに何が該当しているのかを確認しましょう。年金のみでは対象外としている金融機関も少なくありません。

 

アルバイトやパートなどで別途収入を得ていれば利用できる候補は増えますが、このような安定性の低い就業形態も対象外になる場合もあるので、一般的な会社員が契約するときと比べると審査を受ける段階に進むこともできないものが多くなります。また、年金のみで借りられる場合でも審査によって落ちることがあるため、有利にするためにアルバイトやパートで収入を得ておいた方が良いです。

 

年齢に関しても影響があります。カードローンを契約するためには申し込み時の年齢にも制限があり、65歳から借りられるところが減り、70歳になるとさらに少なくなります。年金受給者は支給を前倒しした場合でも60歳になるため、年齢的にこの制限に近くなっていることも借りにくくなる要因になります。また、カードローンは契約すればいつまでも借りられるものではなく、更新可能な年齢に上限があります。この年齢が低いと借りられる期間が短くなり、すぐに返済専用になります。

 

借り入れできる限度額にも影響が出ます。高齢になれば病気などで出費が増えて返済できなくなる恐れがあり、また、返済中に死亡した場合に遺族が遺産相続を放棄すれば融資したお金を回収できなくなります。この危険性があるため金融機関は限度額を低く制限することが多いです。

 

なお、カードローンの中には年金受給者でも融資可能と宣伝しているものがありますが、それがないものは利用できないということではありません。契約できない場合や限度額に制限がある場合はそのカードローンの商品説明に明記されているため、気になるものがあれば説明を見て契約できるのか、いくらまで借りられそうか把握できます。

 

お金に困ったときに、カードローン以外にも選択肢があります。高齢者向けの公的支援制度もあるため、こちらも条件を調べて検討してみると良いでしょう。

 

年金受給者でも高額の借り入れを認めているカードローンも存在しますが、実際には年金だけでそこまで借りることはできません。消費者金融の場合は総量規制があるため、年収の3分の1までしか借りることはできません。銀行でも返済できない金額を融資することはなく、目安としては年収の2分の1を超えると利用が難しくなります。

 

高齢になると想定外の出費が増えるため、借り過ぎには注意しなければなりません。病気になったり、転倒等の事故で骨折するなどして入院すると返済に回せるお金が足りなくなってしまう危険性があります。これも考慮した上で借りるようにした方が良いです。

 

その借り入れが本当に必要なものであるのか検討もしなければなりません。このときに問題となるのが生活費ではなく、詐欺などの悪徳業者です。騙されて高額のお金を請求されたときに、カードローンで借りて用意すれば良い、と考えるのではなく、その金額が妥当であるのか考えましょう。訪問販売や電話での勧誘、自宅に直接投函されるようなチラシなどは相手にせずに無視するのが無難です。

 

利用する金融機関に関しても悪徳業者がいる場合があるので騙されないように注意しましょう。前述のように年金受給者はお金を借りることが難しくなっており、これに目を付けている業者がいます。

 

民間業者で年金を担保に融資を行うとしている場合、違法行為になるので正規の金融機関ではないことが明白であり、利用してはいけません。この方法は年金担保融資という公的な制度があるため、こちらを利用すると良いでしょう。

 

高額の融資が必要である場合には、カードローンではなく不動産担保ローンを利用できます。担保があるため審査に通りやすく、低金利である特徴がありますが、デメリットもあるので返済できないような金額を借りないように注意します。カードローンでは返済できなくなったときに自己破産以外の債務整理では財産を失うことはありませんが、不動産担保ローンでは債権者に抵当権があるため最初に売却して返済に充てられることになり、担保を守れなくなります。

 

カードローンを利用するのではなく、家族に借りることも検討した方が良いでしょう。高齢者は高額の借り入れが難しいため、金利が高くなる問題があります。収入が少ないので利息が高くなるのは望ましいことではありません。

 

このように年金受給者であってもカードローンを利用することはできますが、候補が少ない、限度額が低い、金利が高い、年齢制限があるなど不便なところも多くなります。想定外の出費で返済不能に陥る危険性もあるため、無駄を省いてお金を借りずに済むようにできないか検討し、どうしても必要な場合に利用するようにしましょう。

 

必ず借りれる金融会社は危険?誰でも借りれるのは闇金か 個人融資の注意点

 

必ず借りることができる金融会社は危険です。なぜ危険なのかと言うと、支払能力の有無を審査せずにお金をかりることは、それだけ返済に迫る圧力が強い場合があります。それだけでなく、金利も高いので、最悪の場合には財産の差し押さえになってしまう可能性があります。

 

だから、消費者金融会社が審査を行った上で貸付を行うことは健全であり、なおかつお互いが得をするためのお金の貸し借りを行うようにしているのです。審査無しでお金を借りたいのであれば、クレジットカードのキャッシング枠を利用することがおすすめであると言えます。

 

リボ払いであれば返済した時にポイントがつくので、普通に消費者金融会社からお金を借りるよりもお得にキャッシングすることができるのです。ただし、リボ払いを行う際には注意が必要で、リボ払いをした場合には返済額が一般的な消費者金融会社よりも多くなってしまうケースがあります。

 

だから、クレジットカードのキャッシング枠を利用する前に、事前にリボ払い時にどのカードがお得なのかどうかをよく調べましょう。検索エンジンで検索するとクレジットカードのキャッシングを比較するサイトが見つかるので、忙しい方であればそちらを参考にすると良いです。

 

ただし、参考にする場合は複数のサイトを参考にする必要があります。特定のサイトだけ参考にすると、そのサイトが勧めているカード会社から多額の献金をもらって運営しているケースもあるので、注意が必要だからです。複数のサイトを閲覧することで情報の信憑性も増します。

 

もちろんこれはクレジットカードのキャッシングに関する問題だけでなく、全ての問題に言えることです。必ず複数のサイトを閲覧することで、安全に信頼できる情報を得るようにしましょう。もちろん、審査無しで個人からお金を借りる方法もありますが、あまりおすすめできません。

 

個人からお金を借りる場合は信頼できる公的機関を経由していないので、いくらでも改ざんすることができてしまいます。

 

利息も高くすることができるので、法律に違反する恐れもあります。最近では個人からの融資を得るために、インターネット上のフリーマーケットサイトを利用して、高金利でお金を貸し借りしている場合もありますが、これはれっきとした違法行為であり、インターネットの接続履歴から本人が特定され、逮捕される可能性があるのです。

 

そのため、お金を借りたいのであれば、しっかり審査が行われている銀行か消費者金融会社を利用することが一番望ましいのです。審査を行うということは、本人に支払能力があるかどうかを確認していることであり、返済が遅滞してしまわないようにするための健全な方法でしょう。

 

この健全な審査を無視してお金をかりることで、返済が滞ってしまい、最終的に多重債務者になってしまう可能性が発生してしまうのです。もちろん、本人に支払能力があるのであれば、審査のないクレジットカードのキャッシング枠を利用することも良い場合があります。

 

ただしリボ払いの返済額は通常通り返済するよりも高くなってしまう場合があるので、くれぐれも自己破産することがないように、具体的な返済プランを形成した上でお金をかりるようにしましょう。具体的な返済プランを考えることなく無計画にお金を借りてしまうと、お金を返せなくなってしまいます。

 

自分の収入の3分の1以上の額を借りると、もう返済することができなくなってしまうので、気をつけましょう。

 

自分で具体的な返済プランを立てることができないのであれば、消費者金融会社の審査を受けた上で、客観的に返済プランを考えていくと良いです。プランが客観的で現実的なものであれば、返済も容易になります。