新生銀行レイクの在籍確認で知っておきたいこと 職場連絡ある?

MENU

新生銀行レイクの在籍確認で知っておきたいこと 職場連絡ある?

 

レイクと言えば、以前は消費者金融が運営しているカードローンとして広く知られていました。しかし、現在では新生銀行が運営するカードローンとなっています。実際、新生銀行カードローンレイクは、即日発行といった審査スピードを誇りながらも総量規制対象外という銀行カードローンと言うことができます。

 

新生銀行レイクの審査基準については、銀行カードローンの中では比較的低めであり、審査透過率が比較的高いという特徴があります。しかし、この審査に関して是非とも覚えておきたい点は、在籍確認でしょう。新生銀行レイクの審査の中でも最も重要な部分と言えば、この在籍確認であり、この面で失敗してしまうとまず審査に通ることはなく、借り入れをすることができません。

 

では、新生銀行レイクの在籍確認とはいったいどのようなものなのでしょうか。基本的に言って、レイクの在籍確認は非常にシンプルなものとなっています。その流れについて簡単にご説明しましょう。まずネットでカード論の申し込みを行なうことができます。その後、レイクのオペレータースタッフが勤務先の職場に電話連絡をします。その際、スタッフは本人を呼び出し、幾つかの質問をすることになります。このようにして、申し込み者が職場にきちんと在籍しており、きちんと働いているかどうかが確認されるというわけです。

 

しかしレイクを申し込む方の中には、在籍確認のために職場連絡があることに対して不安を感じている方がいることでしょう。では、何とかして職場連絡を回避することはできないのでしょうか。結論から申し上げますと、レイクが在籍確認のため職場連絡することを回避することはできません。その理由は、レイクが消費者金融ではなく、新生銀行という銀行のカードローンであるからです。

 

実際、銀行カードローンは個人向けの無担保融資です。そのため、仮にキャッシングの申し込み者に逃げられるようなことがあったとしたら、その銀行にお金は返ってこないため大損をしてしまうことでしょう。つまり、銀行側のリスクは非常に大きいということになります。そうした事態を避けるためにも、きちんと在籍確認をすることは必須であるというわけです。

 

とは言っても、新生銀行レイクの在籍確認においては周囲への配慮が示されていると言われています。なぜなら、これらのカードローンの契約を管理している金融機関は、申し込み者が職場にばれることをたいへん憂慮しているという点を十分に承知しているからです。そのため、新生銀行レイクの公式ホームページを見てみると、オペレータースタッフの個人名を使って電話をかけてくれるとの記載があります。また、あらかじめ希望を伝えておくなら、新生銀行名で電話をかけてくれるとも記載されています。

 

このように、新生銀行レイクの在籍確認はきちんと職場連絡という形で行なわれることになりますが、できるだけ周囲にばれないような配慮も示されているため、安心して申し込むことができるでしょう。

 

 

新生銀行レイクカードローンの審査基準

 

新生銀行レイクのカードローンは新生銀行の提供しているカードローンです。レイクと聞くと消費者金融のイメージが強いかもしれませんが、2011年にレイクは新生銀行に商標や店舗、人員を譲渡しました。

 

そのため、銀行のカードローンとして運用されており、総量規制の対象からも外れています。利用の条件は比較的軽く設定されており、満20歳から70歳までで安定収入のある方であれば、審査をクリアできる可能性があります。

 

安定収入というのがポイントで、必ずしも正規雇用で働く方に限定していません。パートやアルバイト、自営業者でも申し込むことが可能です。

 

それにより、学生アルバイトの方もよく利用しています。新生銀行レイクのカードローンに申し込むにはホームページ、自動契約機、携帯電話、電話のいずれかを利用する必要があります。審査スピードは非常に早く最短ならば40分程度でカードが発行されます。

 

ただし、ホームページや電話では審査をクリアしたところですぐさまカードが手に入るわけではないため、早くカードが欲しいという方には自動契約機をお勧めします。全ての手続きを自動契約機で行うのではなく、申込みまでインターネットで済ませて自動契約機に向かうことで、自動契約機内にいる時間を短くすることも可能です。審査に申し込むとすぐに仮審査が行われ、その後本審査が行われる仕組みとなっています。

 

仮審査と本審査に大きな違いは出ないため、仮審査の結果で概ね審査をクリア出来るかが分かります。本審査の結果を待たずして、だいたいのことが分かるのは大きなメリットと言えます。カードをすぐに必要としない場合はホームページ上だけで申込み、契約、借入、返済の全てを行うことが出来ます。

 

肝心の審査難易度については基本的にそれほど厳しくありません。これまで金融機関のブラックリストに載ることがなく、収入もある程度確保できていれば相当な確率で審査をクリア出来ます。正社員の方はもちろん、契約社員やアルバイトの方であっても通りやすい審査と言えます。

 

自営業者の方も安定した収入を証明できれば基本的には問題がありません。ただし、注意しておきたいのはこれまでの借入及び返済の状況です。これまで新生銀行レイク以外に借入を利用したことがある方の中で、返済を滞納してしまっているとブラックリストに掲載されている可能性があります。

 

ブラックリストの情報は金融機関同士で共有されているため、その情報は大幅に不利な要素となります。

 

また、返済自体は滞納していなくても、借入の合計額があまりにも多い場合は審査に不利な影響を与えます。もちろん、借入合計額が多くてもそれを返せるほどの安定した収入があれば特に問題はありません。個人個人が抱えるローンにはカードローンだけでなく、自動車ローンやスマートフォンの分割払いなども含まれます。それらが膨らんでいる場合はある程度支払ってから申し込むと審査をクリア出来る可能性が高まります。

 

 

新生銀行レイクカードローンは無利息で借りれる?30日無利息情報

 

カードローンやキャッシングは急いでお金を必要としている時にはとても便利なサービスですが、こうしたサービスは無担保、保証人なしで利用できることもあり、その分、利息は高くなる傾向にあります。

 

利息が高くなるとそれだけ返済は厳しいものとなってしまいますので、急いでいるときにも焦らず、できるだけ低金利で利用できる業者を選びたいところです。

 

消費者金融も便利ですが、銀行はより低金利ですし、信頼性も高く安心して申し込みができるのではないでしょうか。キャッシングやカードローンも最近はより低金利のサービスを提供していることも増えていますが、特に注目されているのが一定期間無利息というサービスです。

 

それゆえ、無利息期間内に返済できれば元金のみの返済で済みますし、より利息の負担を抑えたいという人にもおすすめです。

 

無利息期間を用意している業者はいくつかありますが、新生銀行レイクでも30日間の無利息期間が用意されています。

 

これはレイクを利用するのが初めてという人に向けたサービスで、契約額にかかわらず借入金額全額が契約後30日間無利息となります。

 

そして無利息期間を過ぎた場合は通常金利が適用されます。そして無利息期間内にも返済日はありますので、忘れないよう期日はきちんと守りましょう。無利息期間中に返済が滞った場合は、無利息期間が終了となり利息と遅延損害金が発生しますので、注意しましょう。

 

そして新生銀行レイクでは30日間以外に180日間の無利息期間も用意されています。

 

こちらは初めて契約した方で契約額が1〜200万円までの人に適用されるサービスです。

 

180日間の無利息は30日間の時のように全額に適用されるのではなく、借入金額の5万円までとなります。

 

それゆえ、5万円を超えた分には利息が発生しますので、こちらはよく理解しておきましょう。

 

そして30日間のときと同じように、無利息期間中に返済が滞った場合は無利息期間は終了となり遅延損害金と利息が発生します。

 

それから無利息期間中は何度利用しても5万円まで無利息となるのがこちらのサービスの特徴です。

 

どちらの無利息がお得になるのかはシミュレーションを利用すれば知ることができますので、じっくり比較してよりお得となるサービスを選びましょう。

 

2つの無利息期間は併用することはできませんので、それぞれに合ったサービスを選びたいところです。

 

レイクへの申し込みは来店不要で、インターネットを利用すれば24時間いつでも行うことができます。申し込み後の画面で審査結果をすぐに知ることができますし、平日14時までの申し込み、必要書類の確認が行えれば即日融資も可能です。

 

申込みの際は本人確認書類が必要ですので、運転免許証やパスポート、マイナンバーカードなどを用意しておきましょう。

 

借入や返済の際にはATMを利用することも多いですが、この場合も手数料が必要ないのも、新生銀行レイクを選ぶメリットです。

 

 

 

 

新生銀行レイクカードローンの審査口コミ

 

転職してから給与が以前の職よりも減ってしまい、最初だけだと頑張っていましたが今までと変わらない生活をしてしまっていて気づいたら貯金も使い果たしてしまっていました。このままで次の給与まで食いつなげないと思い、家賃や食費が足りないということからお金を借りるしかないと思いました。

 

身近に借りることができる相手もいなくて悩みましたが、カードローンを利用することに決めました。その中から良いかなと思ったのが新生銀行レイクのカードローンです。お金を借りることに対して不安もありましたが、銀行のカードローンということもあり安全かなという気持ちも少しはあり、自分の中のハードルは少し下がりました。でも銀行ということはその分審査も厳しいというイメージはあったので大丈夫かなという気持ちは持ちながら申し込むことにしました。

 

自宅の近くに自動の契約機はありましたが、お金を借りること自体が初めてだったしいきなり足を運ぶのは戸惑い、とりあえず電話で問い合わせてみることにしました。電話に出たのは女性の人で、とても丁寧に説明をしてくれました。電話での申し込みでも良いと言われましたが、内容をよく知りたかったのでウェブサイトからか自動の契約機で申し込みたいということを伝えました。

 

自動の契約機に行く前にウェブサイトから申し込みをしておけば、契約機に言った時にすぐカードを手にしてお金を借りることができると言われたので、ウェブサイトから先に申し込んでおくことに決めました。自動の契約機に行かないという方法もあると言われたので悩みましたが、とりあえずウェブサイトから申し込みをしました。入力内容もわかりやすくて数分で申し込みは完了しました。

 

審査の結果や融資してもらえる上限額もすぐにわかって、その後は本人確認の書類の提出をしました。在籍確認があるということに対してはドキドキしましたが、個人名での確認とのことだったので職場の人にも気づかれることはなかったみたいでホッとしました。

 

最初はカードを作ろうと思っていたので、この後自動の契約機に行ってみるつもりでしたが、家族や友人など知り合いにカードローンでお金を借りたということを知られるのが嫌だなという気持ちがあったので、少しでも気づかれる可能性を下げるためにカードなしを選ぶことに決めました。

 

その後は会員ページから進めていき、無事お金を借りる手続きは完了しました。本当にこんな簡単なことでお金を借りることができるのかなという気持ちがありましたが、ドキドキしながら近場のATMに行ってみることにしました。

 

自分のお金を引き出す感覚でお金を借りることができたのでびっくりしたし、本当に申し込んだ日に借りることができて助かりました。審査が厳しいイメージがありましたが、思っていたよりもはるかにスムーズに審査もクリアすることができてよかったです。また何かあった時にはお金を借りようかなと思っています。

 

 

新生銀行レイクカードローンでお金の借り換えは可能?

 

暮らしの中で思いがけないお金の必要性に見舞われるケースは意外と多いものです。生活費が不足したり、急に会社の飲み会が入ったり、家族サービスのために旅行やレジャーのための費用が必要になるなどその可能性は盛りだくさん。

 

そんな時、もしも必要額を捻出できないようであれば銀行や消費者金融が提供する借り入れサービスを効率よく活用すると良いでしょう。特にカードローンは事前に一枚の個人専用カードを発行しておくことで、お金のピンチに見舞われたらすぐに近場のATMに出向いて融資金を引き出すことができる優れもの。こう言ったサービスの利用が毎日の安心にもつながることでしょう。

 

これらのサービスを提供する借り入れ先の中でも新生銀行レイクは全国的にも知名度が高く、自動契約機やATMなどの設置数も多いことから手軽かつスピーディーな借り入れが可能です。特に活用したいのが、他社からの複数の借り入れを一箇所にまとめる時。新生銀行レイクのカードローンはまさにこの借り換えにぴったりのサービスと言えるのです。

 

例えば新生銀行レイクの借り入れ審査を受けてこれに通過したとします。この時に審査通過の連絡とともに伝えられるのが融資限度額です。これが100万円に設定されているならば、このカードローンを使って他社からの借金を100万円までまとめて借り直すことができます。通常、

 

これらの借り入れサービスでは一箇所から借りている金額が大きければ大きいほど金利が低くなります。つまり複数から細々と借りるよりも一箇所から借り換えた方がメリットが大きいのです。その点、レイクでは限度額の最高額が500万円に設定されており、金利も4.5パーセントから18パーセントなので他の借り入れ先よりも大きなメリットが得られるでしょう。

 

また新生銀行レイクで借り換えを行う際に押さえておきたいのが、キャンペーンの活用です。これはレイクの最大の特徴と言ってもいいかもしれませんが、まずは30日間無利息で借りることができるコースと、もう一つは5万円までは180日間の無利息借り入れが出来るというコースがあります。そのため、もしも短期間においてお金を用立てることのできる見込みがある場合などにはこの30日間無利息を活用することで金利をゼロにすることが可能なのです。

 

このように新生銀行レイクを用いると借り換えの面でもとても便利です。その借り入れ申請においてもスピーディーに審査結果が得られるのもレイクの特徴であり、ネット申し込みや自動契約機などを活用すると申し込み完了画面に合わせて審査結果も表示されるので、待ち時間が勿体無い方にも最適です。

 

また土日に思いついて新生銀行レイクのカードローンでの借り換えを実施したいと決心した場合にも、スピーディーな対応を受けることができます。ただし利用するにあたっては年齢層が限られていますので、20歳以上、70歳以下ということを確認した上で申し込むと良いでしょう。