楽天銀行カードローンの在籍確認 会社に電話確認がかかってくる?

MENU

楽天銀行カードローンの在籍確認 会社に電話確認がかかってくる?

 

楽天銀行は楽天グループに属するネット銀行で、預貯金のほかさまざまなサービスを提供していることでも知られます。そのサービスのひとつが楽天銀行カードローンです。
楽天カードローンの特徴としては業界最低水準の年利1.9%から14.5%の金利設定です。また借入限度額も最大800万円であり、銀行カードローンとして十分に利用が可能です。

 

もちろん用途も自由で急な出費や大きなお金が必要となったさいにも利用が可能ですし、コンビニのATM手数料は無料ですからいつでも気軽にお金を借りることができます。

 

また楽天銀行の銀行口座がなくても利用が可能ですし、専業主婦、パート・アルバイトでも申し込みができますし、さらに楽天会員のランキングによって審査優遇を受けることができるのも他社とは大きく異なります。このため銀行カードローンとしては非常に魅力的なローンサービスといえます。

 

一方でいくら魅力的なローンサービスでも審査に通らなければ意味がありませんから、審査の流れが重要になってきます。楽天銀行カードローンの申し込みは、スマートフォンからでも簡単に申し込みが可能でわずらわしい申込書類への記入は不要ですし、また必要書類の提出は専用のアプリを使えば一発で行えます。

 

審査の内容としては一般的なカードローンと同じで、勤務先に関する内容や他社の借り換え状況、信用情報と金融事故情報の確認が行われます。お金を借りるサービスですので、必ず返してもらえることが前提ですから、収入が重要なポイントになります。このためその会社に勤めているかどうかの在籍確認が行われます。

 

在籍確認は電話によって行われますが、他社と同様に在籍確認は最終段階にしか行われませんし、また会社の電話に掛かってくるとしてもローン審査であることがバレないように行ってくれますし、会社側が聞き返しても銀行からの問い合わせですから、消費者金融などと比べるとそれほど周囲に怪しまれないメリットがあります。

 

基本的にカードローン審査では、現時点で借入がなく十分に返済できる能力があれば、ほぼほとんどの人が問題なく通ることができます。反対にいえば借入があったり、信用力に問題がある場合は、審査に通らない可能性があります。特に厳しい銀行などの場合にはかなりの信用力を必要とします。

 

しかし、楽天銀行カードローンでは利用のしやすさが魅力のサービスですから、勤めている会社そのものの規模はあまり重視されず、あくまでも本人の収入と収入に対して十分な返済が可能であるかが審査の基準になります。

 

一方でこの在籍確認は普通に働いている人を対象としたものしか行なえません。このため専業主婦の場合には在籍確認がおこなわれません。そのぶん借入に制限はありますが、収入のない専業主婦がお金を借りることができるカードローンは少なく、金利面でも優遇されているものは少ない中で楽天銀行カードローンは非常に魅力的なローンサービスといえます。

 

 

楽天銀行カードローンの審査基準 通る人落ちる人の違い

 

楽天銀行カードローンは、業界最低水準の金利で、手続きの方法によっては、即日融資も可能で、急にお金が必要になった場合など、いざと言う時に頼りになるサービスです。

 

そんな楽天銀行カードローンは、公式ホームページでも、「専業主婦、パート、アルバイト、学生でも申し込みOK」と明示されているだけではなく、別途、主婦の方専用の申し込みページも用意されているほどです。

 

これらの項目からも分かるように、比較的門戸の広いサービスですが、やはりそこはカードローンですから、審査に通らなければ、融資を申し込むことはできません。
原則として、審査基準は非公開となっており、たとえ問い合わせをしたとしても、その内容を教えてもらえることはありませんが、関連法令や、社内規定に基づき、厳正な審査が行われます。

 

まず、過去に自己破産や、支払いを滞った経験があり、金融事業者に迷惑をかけ、ブラックリストに掲載されているならば、審査に落ちる可能性が非常に高いと言わざるを得ません。

 

信用情報機関には、それらの情報が記録され、一定期間保存されています。

 

昨今では、金融各社と信用情報機関がオンラインで結ばれており、隠して申し込んだとしても、コンピューターの自動審査システムがデータベースに対して瞬時に照会を行い、即審査落ちと判定されてしまいます。

 

一度この状態に入れば、何度申し込んでも即落ちとなり、最悪の場合、社内のブラックリストに掲載されることがあれば、将来、信用情報機関のネガティブ情報の保存期間が終了して、クリアになった状態で申し込んだとしても、落とされる可能性があります。

 

それどころか、その情報がグループ企業や業界内で共有されることがあれば、その他のサービスの申し込みにも、支障を来たすことがあります。

 

ブラックリストの対象でなくても、審査に落ちたという記録は、約半年間、信用情報機関に保存されます。

 

その状態で申し込んでも、即落ちとなってしまうため、一度落ちたら、最低限、半年以上空けてから、次の申し込みを行う必要があります。

 

一方、審査に通るケースで必要になるのは、過去に金融事故がないこと、一定以上の安定した定期収入があること、そして、できれば、過去の運用実績があることです。

 

先の信用情報機関には、ネガティブ情報が保存されるのと同時に、ポジティブ情報も記録されています。

 

 

 

過去にお金を借りても、しっかりと返済していることも記録されているので、それが実績となり、審査の際にプラス要因となります。

 

最後に、楽天銀行カードローンだけの特別な要素として、オンラインショッピングサイトの楽天の会員ランクに応じて、審査が優遇されるという特典です。

 

過去6ヶ月間の楽天スーパーポイントの獲得数と、回数に応じて、ブロンズからダイヤモンドまでのランクが決まります。

 

例えば、2番目のシルバー会員になるためには、200ポイント以上、かつ2回以上のポイント獲得となっており、決してハードルの高いものではありません。

 

楽天銀行カードローンの審査を、より確実に通るためには、大きな融資を受ける前に、僅かなポイント獲得で会員ランクを上げて備えるのも、検討の余地があります。

 

 

 

楽天銀行カードローンは無利息で借りれる? 金利が不安

 

楽天銀行には様々なキャンペーンや特約があり、上手に利用するとお得に使えることがあります。銀行に口座を設けたことがなく、初めてカードローンを利用する方には、借り入れの利息が30日間無利息になる特約が利用できます。特約を利用する場合には、専用のサイトから、申し込みフォームのリンク先を選択して手続きをする必要があります。事前に楽天の会員に申し込み、IDを保有するとスムーズに進められます。

 

この特約を使うには、2つ条件があり、初めて楽天銀行のカードローンを利用する方でも不安なく申し込めるでしょう。1つめは、楽天銀行の普通預金口座の開設とカードローンを同時に申し込み、ローンの審査が通って契約をしたこと、2つめは、カードローンの返済口座を楽天銀行の口座に設定したこととなり、これらの条件を満たす必要があるのです。

 

そのため、特約を利用するには、カードローンの利用歴がある場合、既に口座開設手続きをしている場合には条件を満たさないことになりますので、注意してください。

 

借り入れを利用する前には、口座の初期設定をしてログイン出来る状態にしておく必要があります。ログインの設定をしないと、インターネットのカードローンの手続きをするメンバーズデスクのサイトから、口座への振込キャッシングの手続きをしても、お金を引き出せないことがあります。ローンカード到着後にATMから利用した場合は制約を受けませんが、到着前は振込入金のみの依頼となります。急ぎの場合に入手できないと困りますので、口座の開設ができ次第、設定を行うことを勧めます。

 

無利息期間は初めて借り入れをした翌日から起算して30日となります。無利息期間中は、追加の借り入れがあった場合でも所定の期間中に返済し終えれば、全て無利息の扱いになります。無理のない金額を借り入れて、30日以内に返済できれば元金だけの支払いで済みます。30日経って残高がある場合には、無利息期間が終了した翌日から、審査時に決められた金利が適用されます。適用金利を確認するには、メンバーズデスクから確認が可能です。

 

特約が利用できない場合でも、特典の利用が可能な場合があります。楽天のインターネットサービスサイトでは、様々な楽天会員への優遇特典が用意されています。楽天銀行も例外ではなく、利用頻度の高い会員には利用しやすい所があります。期間限定ではありますが、適用されるキャンペーンがある場合は、申し込み前にエントリーしておくといいでしょう。

 

例えば、カードローン新規申し込みをする場合に、楽天の会員ランクに応じて優遇措置がある場合があります。プラチナやダイヤモンドなどの高位のランクに属する場合は、審査がより優遇されたり、ボーナスポイントが獲得出来たりすることもあります。

 

さらに借り入れ利用の残高に応じて所定のポイントが貯まることもあり、楽天内の買い物やサービスの利用などの決済に使えます。キャンペーンを利用するには、専用の申し込みサイトから手続きを行うことが必須となりますので、エントリーとともに忘れないように気をつけるようにしてください。

 

 

楽天銀行カードローンの審査口コミ 審査落ちしないために

 

主婦隣夫の稼ぎで生活はできていましたが、いざという時のためにカードローンの一つくらいは作っておこうかなと思い、どれが良いか探していた中で良いかなと思ったのが楽天銀行のカードローンです。

 

大手で知名度も高いし信頼できそうだと思ったことと、審査が比較的甘いということも聞いたことがあったので選びました。専業主婦でも夫の収入が安定していれば良いというのはすごいなと思いましたが、少し不安もありました。

 

この頃には子供の手も離れていたし、パートをしようかなと考えていた時期だったので審査に通りやすくするためにもパートをすることを決めました。急ぎでお金を借りたいというわけではなかったし、万が一のために作っておこうかなという程度だったのでパートで数ヶ月働いてから楽天銀行のカードローンを申し込むことにしました。申し込みはウェブサイトからできたので、スマートフォンで好きなタイミングでできました。

 

申し込むことも初めてだったのでわからないことがあるかなと思いましたが、かなりわかりやすかったし入力内容も簡単ですぐに終わりました。しばらくしてからメールで連絡があり、その後はパート先に在籍確認の電話があるとのことで少し不安な気持ちもありましたが、個人名で確認してもらうことができると言ってもらえたので安心できました。

 

必要となる書類を郵送するのも手間かなと思いましたが、楽天銀行のカードローンではアプリで提出することができたので簡単でありがたかったです。その後はカードの発行があり、いつでもお金を借りることができる状態になりました。

 

低金利だし万が一何かあってお金を借りてもすぐに返せば問題はないなと思っています。楽天の会員になっていたり、日頃から利用していると審査に通りやすいのかなという気もしていたので、申し込む数ヶ月前に楽天会員になっていたのも審査をスムーズにクリアすることができた理由の一つなのかなと今では思っています。

 

カードを作ってからしばらくした後に、急にまとまったお金が必要になり初めてキャッシングをすることになりました。その時には、カードを作っておいて本当に良かったなと心から思いました。近場のコンビニのATMから簡単にキャッシングすることができて、周りから見たら自分のお金をおろしているように見えるというのも、恥ずかしくないのでありがたいポイントだなと思いました。

 

その後しばらくお金を返済したり借りたりを繰り返していて、一年ほど経過した頃に上限額をアップさせたいと思い申し込んでみることにしました。頻繁に利用していたし、返済が滞ったことがないからか上限額をアップさせるための審査も思った以上にスムーズに進み、無事にアップさせてもらうことができたのでホッとしました。

 

審査をクリアするためには、新規の時も上限額をアップさせたい時にも、ある程度準備をしておくことが大切になってくるんだろうなと身をもって実感しました。

 

 

楽天銀行カードローンでお金の借り換えは可能? ほかの金融から変更可能?

 

楽天銀行カードローンでお金の借り換えはもちろん可能です。借り換えとは他の金融機関から既に借りているお金と同じだけのお金を新たに借り、その借りたお金で元の金融機関からの借り入れを完済してしまうことを指します。これは、言葉の上ではどんな金融機関同士であっても可能ですが、実際的かどうかということではもちろん一定の条件があります。

 

楽天銀行ではその実際的な条件をしっかりと満たしていますから、借り換えは可能であり、実際にそのような意図でカードローンを利用している人も多くいます。条件の一つは金利の低さですが、これは十分に合格点でしょう。1.9%から14.5%となっています。

 

ところで、金融機関のカードローンの金利を比較しようとする場合、このように幅をもたせて書かれているはずです。それも相当に大きな幅があるケースがほとんどで、一体自分はどのくらいの数字になるのかさっぱり分からないという人が多いでしょう。

 

そして、一体いくらの金利になるかは分からないけれども、自分はごく平均的な人間だから、金利についてもこの数字の平均くらいにはなるのではないか、上の例でいえば2%や3%といった低金利での融資はさすがに難しいだろうけれども、平均的な8%とか9%くらいの数字はつけてもらえるのではないだろうか、

 

悪くても10%か11%くらいは期待して良く、これまで別に悪いこともしていないし12%とか13%などの数字になることはまあないと思っていいかな、と考えるかもしれません。

 

しかしこれは全く当てはまらない考え方だと理解して下さい。ここでは平均という考え方は全く通用しません。この金利については、事実上、融資の限度額に応じて決まっていると思って差し支えありません。楽天銀行の場合、融資限度額は最大で800万円とされています。

 

最低ラインである1.9%の金利が付き得るのは限度額が800万円に設定された人だけです。しかも、800万円の融資限度額になったからと言って必ず1.9%になると決まっているわけでもありません。現実問題として、800万円の限度額を設定されるような人はごくごく一握りの人だけでしょう。

 

普通の会社員などはこの金額になることはちょっと考えられません。より低い限度額になった人は、より高い金利が適用されることになるのです。

 

しかも、では多少なりとも色をつけてもらえるのかというと、そういうことが可能なのは長く取引をしている人だけです。要するに、始めてカードローンを利用する一般の人は、幅のある金利のうち、最も高いものが適用されると考えて間違いありません。これは借り換えの金融機関を検討する際には非常に重要なところで、低いほうの数字に惑わされてはいけないのです。高いほうの数字が低い金融機関でないと意味がないということです。

 

楽天銀行の金利上限である14.5%は十分に低いほうです。ですから、他の金融機関からの借り換えに適していると言えるのです。