カレッヂ 追加融資で在籍確認必要?学生ローンで増額の理由は聞かれる?

カレッヂ 追加融資で在籍確認必要?学生ローンで増額の理由は聞かれる?

カレッヂ 追加融資で在籍確認必要?学生ローンで増額の理由は聞かれる?

 

学生ローンカレッジでは、在籍確認が必要です。

 

カードローン(キャッシング)業者によって具体的な電話の内容はまちまちです。

 

基本的に増額審査においても在籍確認を行うのが普通ですが、在籍確認の電話なしキャッシングが可能な消費者金融もあります。

 

 

→ 電話なしキャッシングならプロミスカードローン

 

その人の状況によってはこれを行わずに増額が完了する可能性ももちろんあります。

 

「増額をする=過去以上の信用や返済能力がある」と認められることになるため、この時点で仮に無収入になってしまっていた場合は矛盾してしまいます。

 

勤務先が変わっているかどうかを確認することはもちろんです。

 

何よりも「返済に充てる収入を得ている」という状況を確認しておかなければ貸す側のリスクが大きくなりすぎてしまう以上、確実に行われると考えていた方が賢明です。

 

ただ、初回契約に際して行う在籍確認とは異なり、電話以外の方法で行うカードローン業者も少なくありません。

 

契約時には本人が虚偽の申請をしている可能性も含めて電話確認がほぼ必須となります。

 

増額審査の場合は直近の給与明細を提出するだけでも十分としているところも多々あります。

 

しかし、それに甘んじて在籍確認の電話をないがしろにしてしまっていると、その電話から思わぬトラブルに発展する可能性もあるので注意が必要です。

 

 

カレッヂ 追加融資で在籍確認必要?学生ローンで増額の理由は聞かれる?

 

そもそも在籍確認の電話で何かしらの問題が発生する可能性は非常に低いですが、必ずしもゼロ(%)ということにはなりません。

 

増額申請を行う段階に達した時点で新ためて対策を講じておいた方が賢明です。

 

→ 学生ローンで在籍確認情報

 

たとえば、自身で確実に電話へ出ることができるようなタイミングを依頼したり、受ける可能性が高い人に事情(上手な言い訳)を話しておくなどの対策をしておきましょう。

 

増額申請に関しては、大きく「自分のタイミングで申請を行う方法」と「カードローン業者のタイミングで申請を行う方法」の二つがあります。

 

前者は審査で否決される可能性が高い(相対的に)のですが、後者はほぼ確実に申請が承認されるという特徴があります。

 

そのため、基本的には後者のタイミングを待って申請した方が良いのですが、いつそのタイミングが訪れるのかが不確定なうえ訪れる保証もありません。

 

特に必要に迫られているわけでなければ良いものの、そうでない場合はなるべく早い段階から対策を講じるようにしましょう。

 

このように、追加融資を希望する状況にあって利用限度額に余裕がない場合は増額申請必須ですが、まだ余力が残っている状況であれば話は簡単です。

 

たとえば、50万円の借り入れ枠(限度額)がある契約をしていて利用金額が10万円の場合、この時点で追加融資を40万円まで利用することができます。

 

ただし、何らかの理由によって限度額が下げられてしまっていたり、完済まで返済のみ利用可能な状態になっていれば追加融資を受けることはできません。

 

特に問題がない状況であれば、改めて審査や罪責確認などを経ずに融資を受けることができます。

 

それこそ、24時間利用可能なコンビニATMが利用できる状況であれば、早朝や深夜でも何も問題はありません。

 

大手のカードローン業者ならば基本的に「年中無休」で営業しているでしょうが、中小のカードローン業者の場合は営業日や営業時間の確認が必要です。

 

せっかく融資を受けられる状況だったとしても営業していなければそれも不可能です。

 

初回契約時の即日融資も同様ですが、「今すぐにお金を借りたい」という状況であれば融資方法の選択が重要です。

 

基本的にはATM出金を利用すると確実性が高いものの、そのためには「ローンカード」が必要不可欠です。

 

多くの状況ですでにローンカードを所有しているでしょうから問題はありません。

 

先に挙げたように「在籍確認に対する不安」などを理由にカードレス契約をしている場合は、すぐに借りられない可能性が高まります。

トップへ戻る