MENU

学生ローン在籍確認あり?自宅に電話来るのが不安

 

学生ローンは、主に学生に対してお金を貸してくれる消費者金融で、中にはキャッシングができるATMを用意している店舗もあります。

 

一般的には窓口や振り込みでお金を借りる仕組みが取り入れられています。

 

そんな学生ローンですが、お金を貸すところである以上、利用者の身分や収入についてはきちんと調査します。

 

また、信用情報機関の情報を精査し、返済能力が十分あるかどうかについても調べています。

 

無担保でお金を貸す民間金融である以上、これは避けては通れないのです。

 

学生ローンの中には、在籍確認はしないので、保護者やアルバイト先にはばれないと宣伝している所もあります。

 

しかし、そのようなところでも、通常は在籍確認を行っている問うことには注意しておくべきでしょう。

 

学生ローンを利用する学生は、親や職場にばれたくないというのが正直なところですので、在籍確認があると言ってしまえば利用してもらうことはできません。

 

在籍確認は金融庁で決められており、確実に行われます。

 

そのため、安心させるために、確認しないとは言っていますが、実際は何らかの方法で確認しています。

 

もちろん、ばれてしまえば利用してもらえないこととなってしまうので、そこは上手に対応しています。

 

例えば、クレジットカードやマンション会社の営業を名乗って電話をかけ、「何々さんはいますか」といった形で電話をかけることが多いです。

 

また、場合によっては友人や個人名を名乗って、同じような電話をかけています。

 

そして、現在多くの家庭でナンバーディスプレイを利用しているため、着信履歴からかけている番号を探って、簡単に発信元が割り出されてしまうという恐れもあります。

 

そこで、多くの場合、携帯電話を使って問い合わせをしています。

 

このような方法をとっているため、ばれにくいことは確かですが、勘のいい親御さんや職場の方にはばれてしまう可能性も皆無ではありません。

 

実際、ばれてしまう人もいます。

 

そのため、絶対に知られたくはないという人は、安易に手を出さないほうが無難です。

 

もちろん、うまくごまかせるのであればそこまで心配はいりません。

 

契約しても、絶対に親元には郵送物は送られてきませんし、問い合わせは返済が遅れたり連絡が取れないといったりした場合でない限り、実家には連絡せず、自分の携帯電話などにかかってきます。

 

以上のように、学生ローンには在籍確認が確実にありますが、なるべくばれないような方法を用いているので、過度の心配をする必要はないと言えるでしょう。

 

【学生ローン 関連情報】

 

→ プロミスカードローンは在籍確認の電話無しの相談にのってくれる

 

→  アコムの在籍確認は書類で可能!ばれずにキャッシング

 

親に内緒で借りれる学生ローンはどこ?大手消費者金融とどちらがいい?

 

学生はサークル活動や仲間との付き合いなどで急にまとまったお金が必要になることもあります。

 

実家で親と同居していれば親にお金を借りることもできますが、一人暮らしの場合だと急にお金が必要になると大変です。

 

友達に借金する方法もありますが、友達に借金をすると関係が悪くなるのであまり借りたくないという人もいます。

 

そんな時は学生ローンを利用するといいでしょう。学生ローンに申込むと親に連絡が行くんじゃないかと不安になりますが、ほとんどの学生ローンでは親に内緒でお金を借りられるので安心です。

 

学生ローンでも大手消費者金融でも20歳以上でアルバイトをしていれば、親への連絡なしにお金を借りることができます。

 

ただし未成年の場合はアルバイトをしていてもお金を借りられません。

 

アルバイトをしている人は、申し込み用紙に書いたアルバイト先に在籍確認の電話がかかってきますが、会社名は名乗らず個人名を名乗るのでキャッシングすることを周りに知られる心配はいりません。

 

どうしても親には内緒にしたい場合は、契約時にカードを郵送にしないことです。郵送にしてしまうと親にばれる可能性が高くなります。

 

大手の消費者金融ならば自動契約機を設置しているので、自動契約機でカードを受け取ることが可能です。

 

利用明細を郵送してもらうと親にばれる可能性が高くなるので、利用明細書は郵送せずにホームページで確認するといいでしょう。

 

延滞をすると自宅に連絡が行くので、親にキャッシングしていたことがばれてしまいます。

 

どうしても返済ができないようなら金融業者に連絡をし、いつまでには必ず払うと連絡しましょう。

 

学生ローンは総量規制が適用される関係で、年収の3分の1までしか借りることができません。

 

学生がアルバイトで稼げる年収は少ないので、どうしても借りられる額も少なくなってしまいます。

 

50万円を超える借入の場合は収入証明書も必要になるので注意が必要です。

 

収入証明書を取り寄せていると親にばれる可能性も高くなるので、できれば借入額は50万円以下にするといいでしょう。

 

学生ローンと大手の消費者金融ではどちらを選ぶかで迷う人もいますが、学生ローンの方が審査に通りやすいです。アルバイト先への在籍確認がないケースもあります。

 

ただし審査に通りやすい分借りられる金額も消費者金融に比べると少ないことが多いです。

 

大手の消費者金融だと提携先のATMも多く自動契約機も設置しているので便利ですが、必ずアルバイト先に在籍確認審査があるので気をつけてください。

友達に学生ローンで借りているのがばれたくない!どうしてもお金が必要

 

友達に学生ローンで借りているのがばれたくないという気持ちは分かります。金融機関からお金を借りて生活しているのが知られてしまっては友人関係に影響するということも十分にあり得るでしょう。

 

ですが、この点に関しては基本的にはさほど心配する必要はありません。どんな金融機関であっても、顧客のプライバシーについては非常に気を遣っています。
学生であっても、学生ローンでお金を借りているということは、契約者以外には知られることのないように配慮しています。

 

学生の場合は契約者が学生本人ではなく例えば親になることもあり、その場合は当然ながら契約者である親には知られてしまうのは致し方のないことですが、学生であってもローンの契約者が学生本人であれば、たとえ相手が親であってもばれてしまうようなことがないように一定の配慮はされます。

 

例えば親に直接電話をかけたり、家の固定電話に電話して、借りている学生ローンの件で電話したのだが、などと言ったりすることはありません。

 

 

親であってもこのような配慮がなされるくらいですから、友達に関してはばれる心配などほとんどないと考えて間違いありません。

 

金融機関が、友人関係を洗おうとして友達に電話をかけたり、郵便物を送ったりなどということは考えられません。そもそもそんな友人の氏名や電話番号、住所など金融機関が知る手段などないのです。

 

もし一つだけ気を付けることがあるとすれば、それは在籍確認の電話です。

 

学生ローンであっても、お金を借りるためにはアルバイトなど仕事をして収入を得ていることが必要で、その確認のためにアルバイト先に対して電話をかけることは行われます。

 

この際も当然ながらプライバシーには配慮されており、明らかに学生ローンを借りているとか、借りようとしていることが分かるような物の言い方は決してしません。しかもおそらく金融機関名ではなく個人名を名乗って電話してくるはずです。

 

ですが、そもそもアルバイト先で自分あてに誰かから電話がかかってくるということそのものが普通あり得ない状況だというのは珍しくないでしょう。

 

こういう場合、察しの良い人だとこれは金融機関からの在籍確認かもしれないということくらいは感づかれてしまうかもしれません。

 

そのアルバイト先で友達も同じようにバイトをしている場合、電話をとった人からの噂話などで広まってしまう可能性はゼロではありません。

 

こういう場合は、アルバイト先で電話を取る人に対して予め話を通しておくなどして、余計な噂などが広まらないようにしておいたほうが良いかもしれません。

 

学生ローンのマルイ審査情報 在籍確認は

 

学生ローンのマルイは、大学院生や大学生などの学生を融資の対象とした消費者金融です。学生でもアルバイトなどで安定した収入があれば融資を受けることができます。

 

他の消費者金融よりも金利が低く設定されているので、「お金借りる」を考えている学生にとって利用しやすい金融機関です。

 

融資目的は授業料などに限定されていないので、資格を取得するためや部活動などでの宿泊費用にもお金を借りることができます。

 

学業に関することなら、使い道を自由に決めることができるので便利です。

 

学生ローンのマルイでお金を借りるためには、申込をして審査に通る必要があります。

 

申込めるのは専門学校生や予備校生などもでき、審査の申込には原則として保証人は必要ありません。申込方法は、公式ホームページや電話や店舗で手続きを行います。

 

公式ホームページには年齢制限などが記載されていませんが、学生であっても未成年者が申込をする場合は問い合わせてからの方がよいでしょう。

 

同じ学生でも、高校生の場合は利用することができないので注意が必要です。

 

マルイに融資を申込んでから審査結果がでるのは、他の消費者金融と比較しても短時間で知ることができます。

 

融資されるまでの時間は平均すると30分程なので、申込をする時間によっては即日に融資を受けることも可能です。

 

即日融資を希望する場合は、申込みを午後2時までにするようにします。

 

早くお金が必要な場合は、電話や店頭で申込んだ方がインターネットよりも早く手続きができます。

 

審査に必要な身分証明書は、通学している大学などの学生証だけで済むので簡単です。

 

他の金融機関では学生証の他に運転免許証や健康保険証などが必要になるので、マルイでの借り入れはとても手軽に申込むことができます。

 

お金を借りる時には、親や保護者に知られたくないという場合があります。

 

マルイでは学生証だけで審査に申込むことができるので、保護者からの同意書や保証人などは必要ありません。

 

そのため、親や保護者にお金を借りることを知られる心配がありません。

 

大学やアルバイトをしているお店にもお金を借りたことを知られたくないので、在籍確認をされたら困る学生もいます。

 

しかし、学生ローンのマルイでは、通学している学校やアルバイト先などに対しての在籍確認をしなくても融資をしてくれるので安心です。

 

学生ローンのマルイなら親や保護者などに知られることなくお金の借り入れができるので、学生にとって便利な金融機関です。

 

→ 学生ローンマルイの詳細情報 在籍確認

 

 

学生ローンカレッヂの審査は厳しい?初めてキャッシングするのですが不安

 

急な出費など、様々な理由からお金が必要になることもあるのではないでしょうか。その際に頭に浮かぶのは、ローンでお金を借りるという人が多いです。

 

学生でもお金が必要となることはありますが、その際に悩むのが学生は審査クリアできるのかという点という人が多いです。

 

近年では学生専用の学生ローンがあることからもわかるように、学生がお金借りることはそう難しいことではありません。

 

学生ローンと一口に言っても、数多くの学生ローンが存在しています。その中の一つに、学生ローンカレッヂがあります。

 

カレッヂは学生ローンの代表格となっており、知名度も高く長年の運営で安心して利用することができます。

 

学生ローンでも通常のローンと同じように、審査は必須となっており学生ローンカレッヂでも当然審査はあります。

 

来店して申し込む場合には、学生証と免許証か保険証が必要となります。

 

電話でも申込み振込を依頼することができますがその際にはしたい際は、

 

学生証と免許証か保険証という二点にプラスして銀行のキャッシュカードと公共料金の領収書かその請求書という四点が必要となります。

 

これがないと、審査クリアどころか審査を受けることすらできないので準幅しておくようにしましょう。

 

カレッヂでも安定した収入があるかという審査も行われることになりますが、学生ローンということもあり少額の収入でも安定的にあれば問題はありません。

 

毎週一回や二回のアルバイトをしているという程度でも、安定した収入とみなされます。

 

基本的には学生ローンは審査をクリアしやすいローンであり、当然のことながらカレッヂも大半の人が審査クリアとなります。

 

しかし中には審査に落ちてしまうケースもあります。まず、申し込み内容に虚偽があると、当然のことながら落とされます。

 

虚偽をしたつもりはなくても、入力ミスや記入ミスがあれば、虚偽とみなされてしまうこともあるので気をつけましょう。

 

それ以外に、信用情報機関に傷があると審査クリアはかなり難しくなります。

 

過去に遅延や延滞が無いのかも確認されることになりますが、これは電話などで聞かれるのではなく、

 

信用情報機関で確認されることになるので、仮に嘘をついてもバレてしまいます。

 

クレジットカードの利用状況だけではなく、携帯電話のの分割払いでの支払い状況も関係してくるので気をつけましょう。

 

学生ローンカレッヂは信用情報機関に傷がなければ、大抵の人は審査クリアできるといえます。

 

学生ローンカレッジ 詳細

 

学生ローンのベルでお金を借りたら、取り立てはどんな感じ?返済できるか不安

 

お金借りるのは社会人だけに限ったことではありません。学生の場合でもお金が必要になるシーンは多く、そしてお金に困ることもあるはずです。そのような時には学生ローンが役立ちます。

 

学生を専門にお金を貸してくれるサービスで、いざという時に頼ることができます。親にバレることなく利用できる可能性もあり、こっそりとお金を用立てることが可能です。しかしながら、もし返済が難しくなった場合のことを考えると不安に感じる人もいるでしょう。取り立てに対して恐怖を抱く人もおり、ドラマや映画のように怖い人が来るとイメージされることもあります。ただ、そのような取り立てをされることは基本的にありませんので安心です。

 

もし返済ができなかった時のローン会社からの対応ですが、まず1〜2回程度の遅れなら厳しいアクションが起こされることはありません。

 

ズルズルと返済に時間を掛けると遅延損害金が発生することもあるものの、いきなり連絡が鳴り止まなくなったり、自宅まで取り立てにくることはないです。遅れた場合でも支払いを行えば何事もなかったかのように利用できます。

 

なお、支払いが確認できない場合は電話連絡が入ってきます。その際にも厳しい口調で責められることはなく、状況確認のための事務的な連絡です。

 

その段階でもし返済が難しい場合は素直に相談をすることが大切です。返済について折り合いを付けてくれる可能性もあるため、一人で悩まず状況の改善を一緒に目指すようにします。

 

電話に出なかったり、1ヶ月以上も返済がされないようなら手紙での連絡が来るようになります。催促の手紙が来るようになるとあまり良い状況ではありません。心証が悪くなる上、自宅に手紙が来ることで親にバレる可能性も高まるでしょう。きちんと返済ができるようなら迅速に手続きを行うことが大切です。

 

返済がされるまで電話連絡や手紙によるアプローチがされますが、それでも返済をしない場合は裁判になる可能性が出てきます。半年以上も遅延すると差し押さえや口座の凍結に至る可能性があるため、こうした状況にはならないよう確実に対処していくことが重要です。

 

状況が悪化すると信用情報にも傷が付き、後々になってお金借りる時にも不便が生じる可能性があります。

 

社会人になってからクレジットカードを作ったりローンを組む時にも困ることになるため、しっかりと返済をして今後に引きずらないようにしなければいけません。もし支払いができない場合はローン会社に相談をするか、親に頼ってでも返済を行うようにした方が良いでしょう。

 

 

学生ローンのアミーゴ審査情報 キャッシング審査落ちする人はどんな人?

 

学生がお金借りるとなれば、学生ローンを利用するのではないでしょうか。現在では数多くの学生ローンがありますが、その中の一つに学生ローンのアミーゴがあります。

 

来店必須な学生ローンもある中、アミーゴは全国から来店不要で利用可能となっているので、気軽に利用することができるのはもちろんのこと、内定が決まっている学生ならば金利手数料が低くなるなど、お得になるサービスも行っており、人気の高い学生ローンとなっています。

 

アミーゴの最高上限額は五十万円となっており、学生ローンとして平均的な金額ですが、最低上限額が三万円となっており、審査に通るには最低でも三万円を借りなくてはなりません。つまり三万円に値する信用が必要となります。

 

学生ローンは最低上限額が一万円というところが多いので、そう言った学生ローンで借りるよりは少しだけ大きな信用が必要となります。しかし、学生ローンということもあり審査クリアはしやすいことは確かです。

 

しかしだからと言って誰もが審査に通るばかりではありません。まず頭に置いておかなくてはならないのが、二十歳以上の安定した収入がある学生でなくてはならないということです。つまり高校生は借りることができません。

 

高校に通っている場合には、二十歳以上でも借りることができないので気をつけましょう。それ以外に審査に落ちてしまう可能性が高いのは、信用情報機関に傷がある人です。

 

過去に遅延や延滞が無いのかということも確認されますが、これは信用情報機関で確認されることになるので、嘘をついてもすぐにバレてしまいます。

 

信用情報機関は、クレジットカードの利用状況はもちろんのこと、携帯電話の分割払いの支払い状況も関係してくることになるので気をつけましょう。

 

それ以外にも申し込みないように虚偽があると審査は落ちてしまうことになります。

 

過去の延滞などはもちろんのこと、申し込み時に入力や記入する氏名や住所、電話番号やバイト先などに虚偽があると落とされる原因となります。嘘をついたつもりはなく、入力や記入ミスでも虚偽とみなされてしまう可能性があるので、ミスや漏れがないように十分気をつけなくてはなりません。

 

アミーゴの審査で落ちてしまう人は、信用情報機関に傷があるか、申し込み内容に間違いや虚偽がある人、そして二十歳以上ではない人や学生ではない人ということを頭に置いておき、クリアできるかどうかを考えた上で申し込むようにしましょう。

 

学生ローンイーキャンパスは、低金利で即日融資可能?どうしたらお金借りれるのか

 

学生がお金が必要になった時には、学生ローンを利用しようと考えるのではないでしょうか。一口なや学生ローンと言っても、数多く存在しています。その中の一つにイーキャンパスがあります。

 

学生ローンのイーキャンパスは最短で申込み当日に融資可能となっており、一日の送金回数も四回程度となっていて、利便性の高い学生ローンとなっています。

 

年会費や入会費、収入印紙代なども不要であり、来店不要で全国どこからでも気軽にお金借りることができるので人気の学生ローンとなっています。免許証の提示で上限金利十六、五パーセントとなり、学生ローンの中でもトップクラスの低金利となります。

 

即日融資も可能となっていますが、融資を受ける方法と申し込む曜日や時間帯によって異なるので気をつけましょう。

 

口座にお金を振り込んでもらう振込キャッシングの場合には、当日中に振り込んでもらいたい場合には、平日の午前中に申し込みをするようにしましょう。

 

平日は午前十時から午後五時四十五分、そして土曜日は午前十時から午後五時十五分までとなります。祝祭日は含まれないので気をつけましょう。

 

店舗に直接足を運んで融資を受ける場合には、曜日や時間を問わず最短で三十分で融資を受けることができるようになっています。

 

土曜日は銀行は営業時間外となるので、振り込みでのキャッシングを受けることはできませんが、

 

イーキャンパス自体は営業しているので、申し込みや審査の受付をしてもらうことができます。

 

土曜日に申し込んだ場合、振り込みキャッシングを受けられるのは最短で次の月曜日となるので気をつけましょう。

 

日曜日と祝日は定休日なので、どの方法でも融資を受けることはできないということも頭においておくべきです。

 

イーキャンパスは、学生ローンに限らず、すべての無担保ローンの中でもトップクラスの融資スピードといえます。スムーズに融資を受けるためには、必要書類を事前に揃えておくことが必須となります。

 

とくに来店で申し込みをする場合は、必要書類を忘れると融資を受けることができないので、すぐに提出ができるように準備しておきましょう。

 

申し込みはインターネットから申し込むか、直接店舗に来店するのかを選ぶことができますが、

 

即日融資を希望するという時には、曜日や時間帯にも気をつけるようにしておきましょう。

 

必要な書類もしっかりと準備しておくことで、即日融資も可能となり、低金利のイーキャンパスを利用できるようになります。

 

 

学生ローン有林堂は全国どこでも即日融資可能?学生専用ローンでおすすめは

 

親元から離れて生活をしている、大学生や専門学校生は、月末に生活費が足りなくなったり、学費やサークルの費用が必要になったり、旅行などのレジャーや飲み会などの交際費が必要になります。

 

実家から離れて生活をしていると、親にお金借りるのは難しいですし、友人に借りてしまうと、その後の人間関係がぎくしゃくする可能性があります。

 

なるべく他人や身内に迷惑を掛けずにお金を借りたい人は、学生ローンの有林堂がおすすめです。

 

急いでお金を用意したい人は、午前中までに申し込みをしておくと最短で即日融資が可能です。

 

インターネットを利用すると申し込みができるので、運転免許証や健康保険証、パスポートなどの身分証明書をカメラなどで撮影をして、メールで送信して下さい。

 

20歳以上でアルバイトなどの収入がある人は、大手消費者金融のカードローンやキャッシングも利用できますが、学生ローンは学生向けに作られているので、利便性が高く様々な出費に対応ができます。

 

学生ローンの有林堂で審査を受ける時は、学生証の提示が必要になりますが、実家やアルバイト先への確認はしていないため、誰にも知られずにお金借りる人には高い人気があります。

 

数多くの学生専門ローンがありますが、学生ローンの有林堂は金利も16パーセント前後になっており、低金利で融資が受けられるので、無理なく返済計画が立てられます。

 

一人暮らしをしていると食費や光熱費などの生活費がかさみやすいですし、友人とお付き合いをしなければいけないので、ある程度の交際費やレジャーのお金は必要です。

 

親元から離れて生活をしていると、月末に預金残高が足りなくなってしまい、慌ててしまった経験のある人がほとんどです。

 

学生ローンの有林堂は収入のある学生であれば、ほとんどの人が利用できるので、一度審査を受けてみてはどうでしょうか。

 

口コミでも評価が高く、信頼できる金融機関なので男女を問わず高い人気があります。

 

突然家電や家具が壊れてしまい、まとまったお金が必要になったり、体調を崩して医療費が必要になった時も、カードを一枚持っていると安心して生活ができます。

 

学生ローンの有林堂は金利も適正になっており、学生の場合は利用限度額も低めなので、お金の借りすぎを防ぐ効果があります。

 

計画的にお金借りることができる人であれば、借金をするのは決して悪いことではありません。

 

土日にお金が必要になった時も、融資が受けられるので安心して生活ができます。

 

ヤングローンと学生ローンは違う?金利と審査基準で徹底比較

 

ヤングローンとは消費者金融のキャンパスが行っているローンの名前で、安定的な収入のある20歳〜34歳までの方がお金借りることができます。

 

他社の学生相手のローンでも同様に、大学を卒業した後でも一定の年齢以下であればそのまま利用できます。

 

一般的な学生ローンとほぼ同じですが、学生でもアルバイト等の定期的な収入がないと借り入れはできません。

 

卒業した社会人も利用できますが、総量規制の適用を受けるので専業主婦や無職の方は難しいです。

 

キャンパスの申し込み条項には、学生や会社員や公務員の方が申し込み可能となっています。

 

社会人の場合はアルバイトやパート等の非正規雇用の方や自由業や自営業として収入を得ている方もいるでしょう。

 

正社員以外でも審査に通って、お金借りることができた方もいるという情報があります。総量規制の関係もあり、他社で借りている場合は希望額に満たないことがあります。

 

ヤングローンは最大50万円までの借り入れができ、申し込み方法はサイトからのみとなっています。

 

証書貸付となるので、カードローンのように限度額の範囲内で何度も借り入れすることはできません。

 

追加融資が必要な場合は、再度申し込みをすることになります。金利は、一般的な学生ローンや消費者金融と比べて低めになっています。

 

一般的な学生ローンは金利が18%台〜20%が多いです。しかし、ヤングローンの場合は年16.2〜16.8%となっています。

 

どの利率が適用されるかは審査結果によりますが、一番高い利率であっても他社と比べて2%ほど低い利率であることが分かるでしょう。

 

さらに女子学生の場合は、大幅な金利優遇が認められます。年15.60%が適用されるので、最も低い利率でお金借りることができます。

 

新卒者の場合はフレッシャーズキャンペーンが適用されることがあり、16.2%の利率が適用されることもあります。

 

ただし、返済遅れがあった場合のみ遅延損害金として20%の利率が加算されるので、絶対に返済日は守るようにしてください。

 

審査では在籍確認が付きものですが、ヤングローンの場合は勤務先に確認の電話をかけられることはほぼありません。

 

社会人であれば給与明細や保険証などの提出をすることで、勤務先が容易に分かるので必要ないと考えられます。

 

どうしても在籍確認が必要な場合は、本人宛に許可を取ってからかけられます。

 

学生の場合も保護者宛に借り入れの許可を確認する電話がかかることがないので、親や家族に内緒で借り入れしやすいでしょう。

 

ただし、自宅に固定電話を引いている場合は、本人が在宅している時間にのみ確認の電話がかけられます。

 

 

学生ローンの学協は、安心できる?低金利で借りやすいという情報は本当?

 

学協とは関東に住んでいる大学生や専門学校生などの学生がお金借りることができる学生ローンのことを指しています。

 

東京に3店舗、神奈川に1店舗あり、関東在住の学生を対象に貸し付けを行っています。

 

資金の用途には決まりがなく、生活費を借りるのはもちろん、学費や引っ越し、ショッピングなど様々な用途に利用することができ、出費の多い学生にとっては非常に心強い味方といえます。

 

一般的なカードローンなどの借り入れの場合には、成人で安定した収入がある人などが条件となっていますが、学協の場合には条件も少なく比較的簡単に申し込むことができます。

 

学協ローンは1種類のみで、金利は17.52パーセントと定められています。そのため大手消費者金融よりもやや低めの設定であり、借入可能額は1万円から40万円ほどで希望額に応じて審査が行われ、借り入れが可能かどうかを判断します。

 

カードローンなどのように限度額を決めたうえで何度でも借りられるというローンとは異なり、再度お金が必要になった場合には再び申し込みを行う必要があります。

 

申し込みを行える対象となっているのは関東圏に在住している学生で、収入があることが条件となっています。

 

大学や短大、専門学校に通っている人が対象となり、予備校に通っている人もその対象となります。一度学生のうちに利用しておくことで、卒業後に社会人になってからもお金借りることができます。

 

審査の流れとしては、初回の申し込みは必ず店舗に出向かなければなりません。

 

問い合わせや仮審査についてはインターネットでも行えますが、実際の申し込みや契約、初回融資に関しては店舗で行わなければなりません。

 

直接いかなければならないので時間はかかりますが、店舗に出向けばその場で融資まで進めることができるので、即日借りたい人にとっては大きなメリットと言えるでしょう。

 

学協の営業日と営業時間についてはどの店舗でも月曜日から金曜日は平日の9時半から18時までが営業時間となります。

 

また土曜日や日曜日、祭日などは申し込みや契約ができないので注意しなければなりません。

 

申し込みに必要となる書類は、顔写真が付いている学生証と身分証明書が必要になります。

 

身分証明書は運転免許証や健康保険証、パスポートなどが該当しますが、持っている身分証明書が可能かどうか心配な場合には、事前に電話などで問い合わせを行いましょう。

 

基本的に在籍確認は行われず、連帯保証人や担保の必要もありません。これらのことから比較的借りやすいローンと言えるでしょう。